豊田 洋一 氏(水彩画・パステル画)作品集 〔四季の旋律〕より

〔雨あがりの川〕 水彩画(14×10.5)

藤の花を見に行く、小舟の上から眺めた、矢田川の川上の進行方向を見た風景です。心配された前日までの雨もあがり、行く手に、鯉のぼりも、はためいています。雨後で増水した川面に、両岸の緑や、空が映り込み回復する天気が予想され、満開の白、薄紫、藤紫、赤紫等の花房が期待されます。
(愛知県矢田川にて)

〔雪影〕 水彩画(50.5×35.5)

抜ける青さの空の下、冬の一日は始まった。見上げる雪山の稜線には時折、雪煙が舞う、其処では冷気を含んだ風の気配を感じるが、このキャビンの主人が山を下りた玄関へのアプローチには燦々と降り注ぐ朝の光が眩しく暖かい。厳しい環境の中で育った枝折れ、風雪で荒れた白樺の主幹すら朝の光に輝いて美しい。
地肌を春まで眠りに就かせた白きベールは、熊笹の産毛を小刻みに震わせ樹林の淡きシャドーと調和して、美しく誇らしげだ。眩しき静寂の中、余韻を残し、疳高き野鳥の一声、樹林にこだまします。
(1月の長野県安曇村上高地梓川右岸にて)

豊田 洋一

【プロフィール】
1941年 岐阜市に生まれる。
1960年 名古屋市工芸高校産業美術科卒業
1960年 凸版印刷(株)入社
トッパンアイデアセンター
トッパンパッケージセンター勤務
1999年 同社退社
1999年 豊田デザイン研究室(TDS)
JPDA(日本パッケージデザイン協会)会員